読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽光発電

太陽光発電は太陽光を太陽電池パネルで電気エネルギーに変え、家庭用の電気として利用するシステムです。

電力会社とつながった「連携タイプ」と、電力会社から切り離された「独立タイプ」があります。

 

●連携タイプ
曇りや雨の日など、発電した電力が不足するときには電力会社の電気を利用し、余剰に発電したときは買い取ってもらえます。

太陽光発電の量に左右されず、安定した利用が可能です。

 

●独立タイプ
自家発電した電力のみを利用するタイプなので、夜間や天候不順のときのために、充電しておく蓄電池が必要になります。

一般の住宅では、電力供給が不安定でも生活にあまり影響のない、外灯などに使われる傾向にあります。

 

一般住宅の屋根に設置可能な太陽光発電システムは、4kW、設置費用は200万円前後で、規摸が小さいと割高になります。

設備費用は自治体から補助金を受けられる場合があるので、必ず確認しておきましょう。